NEWS

IVYリーガーとA.G.スポルディング

こんにちは。
本日、予約販売スタートの”YALE大学とA.G.スポルディング”のコラボ商品、もうチェックして頂きましたか??
以下、A.G.スポルディングとアイビーリーガーに関するコラムです。
是非ご一読下さい!!

アメリカのスポーツウエアメーカーとカレッジスポーツは、切っても切れない関係にある。それは1876年に創業されたA.G.SPALDINGもご多分に漏れず。なぜならアメリカの大学スポーツの市場が非常に大きいからだ。アメリカには4000を超える大学があり、そのうち1000校以上がNCAAという大学スポーツ協会に所属。現在の市場規模は年間1兆円とも言われており、特にアメリカンフットボールやバスケットボール、野球の人気が高く、10万人規模のスタジアムやプロ顔負けのアリーナを所有する大学も複数存在する。また各大学は、チームのニックネームやマスコットキャラクターをすべての部で統一することで、Tシャツやスウェットなどの同じグッズでも様々なスポーツの応援に駆けつけられるようにしている。スポーツを教育プログラムの一環として取り入れていることは言わずもがな、人種や宗教の壁を超えて、同じユニフォームでひとつにまとまるというアメリカらしい文化がここにも根付いている。
 A.G.SPALDINGは、野球やバスケなどの3大スポーツで使われるボールのシェアは高かったもののウエアに関しては広く浸透しなかった。その大きな理由が価格。他社のスポーツウエアが1ドルを切る中、同社のスウェットは1.75ドルと2倍弱だった。(以下、当時カタログ画像)

ただそこには同社の美学がある。1920年代に他メーカーに先立ってスウェットをウールからコットンに置き換えた。当時はウール素材のスポーツウエアが主流。吸水性や伸縮性に優れたスウェットは、当時の最先端アスレチックウエアであり、その証拠に1932年と1936年に開催されたオリンピックで米国代表の選手たちが、同社のスウェットを着用している写真が確認できる。同社の代表的な意匠であるV字の袖リブやボクシンググローブ型のポケットなどは、コストや生産効率よりも機能性を重視しており、プロスペックだったというわけだ。そうなると裕福な家庭の子息が通う最難関校アイビーリーグやプレップスクールの学生しか手が出なかったのも納得。

ヴィンテージでチームオーダーのアーカイブが出てくることはほとんどないが、その中でもイエール大学のものが多く、初となるカレッジプリントは、同大学のデザインを採用した。A.G.SPALDINGのアイテムを所有する学生は、校内でも少数。部活動だけでなく、彼らはプライベートでも同社のスウェット着用し、少し誇らしげに闊歩していたことだろう。