NEWS

フットボールシャツ人気の兆し!!

こんにちは。

この春、セレクトショップなんかでも、ナンバリングの入ったフットボールTシャツを見かけることが増えてきたような気がしませんか???
もともと、定番アイテムではあるのですが、数年前にヒットしてしばらく影を潜めてた感があります。100年以上前にフットボールシャツを作っていたA.G.SPALDINGとしては嬉しい話です。
イギリスで生まれ、1870年代にアメリカに渡ったフットボール。その後、アメリカンフットボールとしてアメリカの国民的スポーツへと育っていくわけです。。。フットボールシャツの特徴は、胸部分の切り替え、太めの袖、ナンバリングやスクールネームなどのプリント が挙げられます。しかし、スポルディングのそれは、より特徴的なデザインなのです。

その① ウールフットボールジャージー
これは、1920年代のスポルディングカタログの表紙を飾った名品です。ショルダー部分にはめ込まれたフライス、エルボーパッチがフットボールシャツらしさを表現していますね。袖と胸に貼られた黒いフェルトは何なのか?実はこれは、キャッチしたボールを落とさない為の滑り止めだと言われております。

その② 3トーンウールフットボールジャージー
こちらも同様に1920年代後半のアイテム。ショルダー回りはフライスを使用、更に脇の下に運動性を考慮したガゼットが存在しています。このガゼットが当時の素材調達では、身頃と色が合わず、3配色に見えることから3トーンと言われております。
①②共に、コットン素材に移行する前のウール素材のジャージー。
1930年代に入って、コットン素材のジャージーが開発され、いわゆるスエットシャツ(トレーナー)に進化したと考えられます。
この2デザインを日本の拘り素材に置き換えて、アップデートした商品を展開中です。是非、オンラインサイトをチェックしてみて下さいね!!